前回、骨盤は「身体のかなめ」ということを書きました。
ではなぜ、骨盤に限らず筋肉等のバランスが悪くなってしまうのでしょうか?
それは普段の生活の中で、あまり意識しないうちに左右や前後に傾いた姿勢をとっているせいでもあります。
わかりやすいのは、「同じ側の足を組む」などですが、意外と影響しているのが
・テレビを見る時に決まった方に身体を捻っている。
・食卓の座る位置の関係で、毎日左右どちらかを向いて過ごしている。
などの、自覚していないうちにねじれが発生しているケースでしょうか。
意外かもしれませんが、毎日数時間の繰り返しで、歪みが定着してしまうのですね。

日常で気をつけることは・・・

立ち姿・座り方を気にする(詳しくは、←過去ブログをご覧ください)。
カバンはいつも同じ方の肩にかけず、左右どちらも使いましょう。左右のバランスは大切です!
運動不足だと骨盤を支える筋力が落ちるため、適度な運動を。1日40分程のウォーキングでOKです。
ハイヒールを履くと、骨盤がより前傾しやすくなり、腰椎に負担がかかります。
また、踵から着地する正しい重心移動の歩行もできません。時にはローヒールで正しい歩行運動を確認しましょう♪

骨盤矯正を受けた方が、また以前の楽な姿勢で日常を過ごしてしまうと、徐々にバランスが悪くなってきます。
身体は、長く続けている姿勢を「正しいもの」と認識します
始めは多少努力が必要でも、段々とそれが「楽」な姿勢になってくるもの。
私ごとですが、やはり正しい姿勢を気にしだしてから、肩のコリや寝違えがぐんと減りました。
皆さまのお身体も、少しでも楽になりますように(^^)

イケダ整骨院

ポカラより